魚介類とダイエットの相性が抜群な理由

最初に魚介類とは魚や貝など水産物の相性です。エビ、イカ、タコ、カニ、ウニ等も含みます。余談ですが、魚介類が有名な地域といば「石川県、富山県、福井県」と北陸地域を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。スーパーでも新鮮な魚が手に入るのは嬉しいところですね。魚介類がダイエット・ボディメイクと相性抜群な理由は下記の通りです。

 

•高タンパク質で筋肉作りに適している

•低脂質で太りにくい

•老化防止の効果がある

•中性脂肪を減少する効果がある

•生活習慣病の予防になる

•食事に取り入れやすい

 

実はお手軽なダイエット食材の魚介類


今は本当に便利な時代になりました。どこでも魚介類が手に入ります。さらに調理不要の便利な商品もたくさんあります。魚屋さんやスーパー以外にもコンビニで、鮭や鯖の塩焼き、イカ焼きやたこぶつが手に入ります。時間がない時に近くのコンビニで魚介類が手に入るのでコンビニはダイエット中に非常にありがたい存在です。スーパーでも、お刺身や魚の缶詰、調理済みの煮魚や焼き魚も売っていて調理いらずなので助かります産後ダイエットの記事でも触れましたがダイエット中の食事のポイントは「楽をしながら栄養をとる」です。

 

産後ダイエットの記事が気になる方はこちら!

【産後ダイエット】1人では難しい理由とオススメ食事方法!

 

ダイエットのプロ推奨!オススメの魚介類5選


魚介類はどれもオススメです。その中でも特にオススメの5選をご紹介!

•サバ

DHA•EPAを豊富に含んでおり中性脂肪減少、血液をサラサラにする効果に期待できます。脳の発達や生活習慣病の予防にも繋がる優秀なお魚です。

 

•サケ

アスタキサンチンという体の酸化を抑える抗酸化作用を豊富に含みます。体が酸化するとはシミやシワが増えると考えてください。サバと同じくDHA•EPAも豊富です。

 

•マグロ

マグロは100gあたりのタンパク質含有量が魚介類の中でもトップクラスです。もちろんDHA•EPAも含んでいます。また鉄分も豊富に含んでおり、貧血が気になる方にもオススメです。

 

•カツオ

マグロより鉄分を豊富に含むのがカツオです。もう皆さんお馴染みのDHA•EPAを含んでおり、貧血が気になる方にももちろんおすすめです。

 

•ホタテ

血糖値上昇を抑えるタウリンを豊富に含みます。血糖値上昇を抑えることによるダイエット効果はコチラの記事に詳しく記載しておりますので読んでいただけましたら幸いです。

ダイエット成功の秘訣<GI値を知る>

 

 

良質な脂質でダイエット効果促進

先ほどからよく出てくるDHA•EPAといった「オメガ3系脂肪酸」や最近話題のMCTオイルなどの「中鎖脂肪酸」などを良質な脂質と呼びます。良質な脂質とは簡単にいうとダイエットに適した油です。

 

DHA•EPA=オメガ3脂肪酸で脂肪減少!?


オメガ3系脂肪酸は青魚やアマニ油、えごま油に多く含まれています。効果としては中性脂肪減少や血液がサラサラになるなどが挙げられます。中性脂肪減少=蓄えられる脂肪の量が減ります。つまり、太りにくいということです。血液がサラサラになる=酸素や栄養素、ホルモンの運搬、浮腫の原因となる老廃物の回収がスムーズに行われるということです。つまり、サラサラな血液は健康と美容を維持します。逆に血液がドロドロの状態は動脈効果が進み、心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる病気を引き起こす確率を高めてしまいます。現代人は魚を食べる頻度が減りオメガ3脂肪酸が不足していると言われています。

 

話題のMCTオイル(中鎖脂肪酸)


MCTオイル(中鎖脂肪酸)は脂質の中でも摂取してから特に短時間でエネルギーとして使用され、脂肪として蓄えれにくい特徴があります。無味無臭で誰でも取り入れやすいのですが、熱に弱い特性を持っています。調理には使わずサラダやコーヒー、ヨーグルトや味噌汁などに入れて摂取するのがオススメです。

 

まとめ

本日は魚介類とダイエットの相性についての記事を書かせていただきました。忙しい現代人にとって魚料理や和食は手を出しにくいかもしれません。ですが、最近は身近でお手頃に、しかも調理要らずな商品が多くダイエットがしやすい環境が整っています。ダイエットが目的ではない方も、ぜひ健康の為に魚介類を食事に取り入れてくださいね。